アルコールの摂取は控える

女性

妊娠力が低下する

お酒が好きな人はついつい飲み過ぎてしまうものですが、妊活中に飲むと妊娠力も低下しますし、胎児にも悪影響をもたらすこともあります。それというのも、妊活中に大量にアルコールを摂取すると、着床力の低下につながるからです。これは妊活の成功率を下げる原因になります。また、アルコール飲料の飲酒はホルモンバランスの乱れにも影響を与えます。女性がお酒を過剰に飲むと男性ホルモンの分泌量が増加する傾向があるのです。過剰飲酒は肝臓機能を低下させて、女性ホルモンの分泌が抑制されるようになります。その結果、男性ホルモンが相対的に増えることになり、ホルモンバランスが悪化するというわけです。ホルモンバランスの悪化は生理の周期にも影響を与え、妊娠しにくい体質に変化させます。そのため、普段から飲酒量を少なくするなど、お酒の飲み過ぎは控えるようにしましょう。初期妊娠している中で飲酒をしても胎児に影響が出てくることもあります。妊活中だけでなく、実際に妊娠しているときも摂取を控えることが大切です。もし受精して着床して初期妊娠したときに、アルコールを過剰摂取すると、胎児が胎児性アルコール症候群になること、流産になる可能性があること、死産になる可能性があることなどが危惧されます。母親の血液を通して胎児に栄養や酸素が送られるので、飲酒によって血中アルコール濃度が高くなると、その影響が胎児にも出るのは当然のことです。このように、胎児の成長にとっても悪影響が及ぼしますので飲酒は控えましょう。